ノーコード ラボ

No Code のツールやアプリについて紹介します

Glide / glideapps の使い方

前回に引き続き、今回は Glide の使い方について、順を追ってご紹介します。 Glide が何かという部分が知りたい方は、前回の記事「 スプレッドシートをノーコードでアプリ化する Glide / glideapps 」をご参考ください。

事前準備

スプレッドシートが使えるように、まずはGoogleアカウントを用意します。Googleアカウントを始めて作成する場合は、以下のヘルプを参考に作成してください。

Google アカウントの作成

https://support.google.com/accounts/answer/27441?hl=ja&ref_topic=3382296

Glide にサインアップ

  1. Glide公式サイト https://www.glideapps.com/ へアクセスし、右上の「Sign up」をクリックします。 Glideトップページ

  2. Welcome ダイアログで「Okey」ボタンをクリックします。 Glide Welcomeダイアログ

  3. Googleアカウントの選択画面で、使用するアカウントを選択します。 Googleアカウントの選択画面

  4. Glide のアクセスリクエストで「許可」ボタンをクリックします。 Glide アクセスリクエスト

  5. Glide にサインアップが完了しました。 Glide サインアップ

テンプレートを利用してアプリを作ってみよう

  1. サインアップが完了したら「Videos & Templates」にある「Employees」をクリックしてテンプレートを開きます。 Employeesテンプレート

  2. 画面左のメニュー「Copy to my apps」をクリックします。これで、自分のスプレッドシートにテンプレートをコピーすることが出来ました。 Copy to my apps

  3. 画面左のメニュー「Edit sheet」をクリックすると、スプレッドシートが開きます。 スプレッドシート

  4. 試しにスプレッドシートの値を編集してみましょう。 スプレッドシートを編集

  5. Glide のページに戻り、更新した内容が反映されているか確認します。もし更新されていない場合は、画面左のメニュー「Reload sheet」をクリックして、アプリをリロードしましょう。 Reload sheet

  6. これでテンプレートを利用して作成した「Employees」アプリの完成です。画面左のメニュー「Open app」をクリックすると、エミュレータでアプリを起動することも出来ます。 Open app

アプリを共有しよう

アプリを共有するのは、とても簡単です。 画面左のメニュー「Share app」をクリックすると、シェアする方法が選択できます。PWAなのでアプリの正体は純粋なURL。リンクを共有するだけでアプリを使うことが出来るのです。 Share app

アプリの公開を限定する認証機能について

アプリの公開はURLを共有するだけなので、セキュアなアプリにしたい場合は、認証機能を利用しましょう。

  1. 画面左のメニュー「Settings」をクリックし、右側に表示された「Sign in」のドロップダウンリストをクリックします。
  2. ドロップダウンリストから利用したい認証機能を選択します。 Settings Sign in

認証機能は現在、以下の4つから選択できます。

  1. Public / 誰でもOK
  2. Public with email / Emailを登録しPINコードを受け取った人のみOK
  3. Password / パスワードを知っている人のみOK
  4. Email whitelist / Emailリストに記載している人でPINコードを受け取った人のみOK1

まとめ

いかがでしたか? Product hunt にも登録されている Glide ですが、驚くほどシンプルな手順でスプレッドシートのデータをアプリ化することが出来たのではないでしょうか?

現在も新機能が追加され進化を重ねている Glide 。既にコメントの削除機能など、今後追加が予定されているものもあるようですね。皆さんも是非、スプレッドシートを活用してノーコードで出来る自分だけのPWAを作成してみてください。

次回は、事例として Glideで作成した 美術館、博物館リストについて、ご紹介したいと思います!

脚注


  1. Email whitelist では、スプレッドシートにメールアドレスのリストを持ったシートを作成する必要があります。