ノーコード ラボ

NoCode 関連のツールの紹介、使い方などをやさしく説明します。質問やご指摘大歓迎です。わからないことがあったら、コメントや Twitter などで聞いてください!

SendGridに触ってみよう

SendGrid とは

f:id:mariechen:20191207144543p:plain

SendGrid は、世界中でで利用されているメール配信サービスです。

アカウントを作成するだけですぐにメールを送信できます。

なによりクラウドサービスのため、面倒でコストのかかるメールサーバの構築は不要なのが嬉しいところ。

メール配信というと単純な気がしますが、実は考慮しなくてはいけないことが様々あり・・・

・送信ドメイン認証

・IPウォームアップ

・バウンスメールの対処

・レビュテーション管理

・リストクリーニング

・フィードバックループ

・配信頻度/ボリューム調整

・ブラックリスト対策

ざっと挙げただけでも、これだけの課題をクリアしていく必要があります。

メールを送信先に見てもらうことは、なかなか難しいことなのですね。

SendGrid を利用すると、これらの課題も解決してくれます。

今回は、これらの機能を利用するためのユーザー登録をご紹介します。

SendGrid にユーザー登録してみよう

SendGrid のホームページはこちらhttps://sendgrid.kke.co.jp/になります。

このページの右上の新規登録ボタンをクリックすると、ユーザー登録画面に移ります。

f:id:mariechen:20191208115027p:plain

メールアドレスを入力すると、確認メールが入力アドレス宛てに送られてくるので、メールの「ユーザー情報を登録」ボタンをクリックします。

すると、個人情報を入力する画面に遷移しますので、そちらに適宜情報を入力していきます。

結構詳細な情報を入力させられ、さらに「迷惑メールやフィッシング詐欺などの悪用を防ぐため、ご登録時に審査を行っております」と登録時点でメッセージが出ました。

申請を行うと、審査結果のメールが届くまで、しばらく待つ必要があるようです(通常では2日以内)。

f:id:mariechen:20191208121108p:plain

気軽にすぐ試すという訳にはいきませんが、無料で始められるので、試してみてはいかがでしょうか?

次回は、この SendGrid をおなじみの bubble で使用する方法について解説いたします!