ノーコード ラボ

NoCode 関連のツールの紹介、使い方などをやさしく説明します。質問やご指摘大歓迎です。わからないことがあったら、コメントや Twitter などで聞いてください!

iPhone のメッセンジャーもどきを Bubble で作ってみる(初級者向け)7:Agora を使って Facetime もどきを実装する

f:id:yksmt:20200609114754p:plain

この記事は 【 iPhone のメッセンジャーもどきを Bubble で作ってみる(初級者向け) 】の第7回です。

皆さん、こんにちは!今回は、Agora というサービスを使って Bubble で Facetime もどきを実装していきます。

また、今回の実装では Zeroqode で公開されている有料プラグイン「Agora Video Conferencing - Web RTC」を使用します。Zeroqode については、以下の記事でも紹介していますので、良かったら読んでみてくださいね!

blog.nocodelab.jp

1. Agora とは?

Agora.io は、リアルタイム通信分野のパイオニアと言われる Tony Zhao 氏により2014年に設立されました。現在はカリフォルニアや上海、ロンドンなどにオフィスを置き、100か国以上に顧客を持つグローバル企業です。

Agora の埋め込み可能な SDK を利用することで、リアルタイムのビデオチャットを始め、ライブボイスやライブビデオのストリーミングアプリを手軽に構築することが可能になります。

価格は、毎月10,000分が無料で利用でき、その後は使った分だけを支払う従量課金制です。

www.agora.io

日本国内では V-CUVE という会社 が Agora の代理店をしているようですね。

jp.vcube.com

1-1. Agora にサインアップ

では、今回は以下のリンクから直接 Agora サイトにいき、右上の「Sign up」ボタンから、サインアップしていきましょう。

www.agora.io

f:id:yksmt:20200609131016p:plain

名前やメールアドレスなど必要な項目を入力し「Sign up」ボタンをクリックします。

f:id:yksmt:20200609131120p:plain

次に電話番号を入力し、SMS認証を行います。「+81」は日本の国番号です。「090-XXXX-XXXX」という電話番号の場合は、頭の「0」を除いて「90XXXXXXXX」と入力し、「Send Code」ボタンをクリックします。

登録した電話番号に確認コードが送信されてきますので、コードを入力して「Verify」ボタンをクリックします。この際、コードの有効時間は、1分と非常に短いですので、お手元に電話を準備して進めてくださいね。

f:id:yksmt:20200609131134p:plain

アカウントが作成できたら、続けて表示される「Create a project」で今回作成するプロジェクト名を入力しましょう。ここでは「nocodelab」としました。

f:id:yksmt:20200609132845p:plain

次に「Try the sample apps」で、Agora の初期化やカメラの許可を行いチャンネルを設定してきます。

f:id:yksmt:20200609133301p:plain

f:id:yksmt:20200609133316p:plain

f:id:yksmt:20200609133334p:plain

次に「Next Steps」で「Go to Console」ボタンをクリックし、コンソール画面へ移動します。

f:id:yksmt:20200609133557p:plain

Overview(コンソール画面)ページの Project にある、作成したプロジェクトの編集アイコン、もしくは Project Management ページから「App ID」を取得します。この「App ID」は、後ほど Bubble 側の設定で使用します。

f:id:yksmt:20200609133815p:plain

2. Bubble の設定

では、次に Bubble 側の設定をしていきましょう。 Agora を利用するために、Bubble では、有料になりますが Zeroqode がプラグインを公開しているので、こちらをインストールしていきます。執筆時点のバージョンは 1.10.0 です。

プラグインページは以下になります。

bubble.io

ドキュメントは以下になります。

docs.zeroqode.com

2-1. プラグインのインストールと設定

Plugins タブから「Agora Video Conferencing - Web RTC」を検索し、インストールしてください。

f:id:yksmt:20200609134846p:plain

次に、Plugins タブからインストールした「Agora Video Conferencing - Web RTC」プラグインを選択し、先ほど取得しておいた Agora の「App ID」を Agora ID の部分に登録します。バージョンが 1.8.0 以降は「Video Calls ID」にも Agora ID を登録する必要があります。

f:id:yksmt:20200609135206p:plain

プラグインの設定が出来ました!

2-2. Facetime もどき画面(meeting)の作成

では、Bubble 側で画面を作成していきますが、その前にエレメントのプロパティで ID Attribute を使用できるように、Settings タブの General にある「Expose the option to add an ID attribute to HTML elements」という部分にチェックを入れておきましょう。

f:id:yksmt:20200611113631p:plain

では、今までと同様「Create a new page」で Page name を「meeting」で作成してきます。

Page title を「nMessage」とし Type of content に「Room」Type(room テーブル)を選択します。Width は index の時と同じように「320」で設定します。

2-2-1. ビデオエリアの作成

ビデオエリアを作成していきましょう。まずは、Group エレメントを配置します。名前を「Group Video」、Apply a max width when the page is streatched のチェックをオンにして、Maximum width を「200」とます。サイズは W320 H420 X0 Y0 としておきましょう。

f:id:yksmt:20200611102920p:plain

「Group Video」配下に、Shape エレメントを配置します。名前を「Shape Video」、Background の Color を「#F7F7F7」にして、サイズを W320 H420 X0 Y0 とします。この「Shape Video」が通話相手のビデオエリアになりますので、Agora と紐づけるために ID Attribute に「agora-remote」と入力しておきましょう。

f:id:yksmt:20200611102634p:plain

「Shape Video」同様「Group Video」配下に、AgoraConnector エレメントを配置します。

f:id:yksmt:20200611103659p:plain

次に「Shape Video」の右下辺りに、Current User のビデオが表示されるエリアを作成します。名前を「Shape User」、Background を「Image」にして「Current User's image」とします。サイズを W84 H84 X220 Y315 としておきます。 ID Attribute には「agora-local」と入力します。

f:id:yksmt:20200611104227p:plain

2-2-2. ボタンエリアの作成

では、次にボタンエリアを作成していきます。

まずは、枠の Group エレメントを配置します。名前を「Group Button」として、Background の Color を黒っぽい「#39362D」に辺りにしておきましょう。

そして「Group Button」配下に、等間隔に配置した「Group mic」「Group Camera」「Group Close」という Group エレメントを配置し、うち2つの Background Color を「#5B5952」、1つを赤っぽい「#FF392F」として、Roundness を「20」にして丸くしておきます。サイズは W36 H36 としておきます。これらの Group には、それぞれマイク、カメラ、閉じるアイコンを重ねて配置ておきましょう。

次にアイコンの下に合わせて「マイク」「カメラ」「終了」とした Text エレメント配置します。フォントサイズは「6」、色を「#FFFFFF」としておきます。

f:id:yksmt:20200611105406p:plain

2-2-3. ミュートの状態を保持する Custom state の作成

「マイク」と「カメラ」アイコンがクリックされた場合に、それぞれをミュートにするように状態を保存する Custom state を作成しておきます。

Custom state の作成方法は色々ありますが、今回は meeting ページのプロパティウィンドウにあるインスペクターから追加していくことにしましょう。名前を「Video」と「Audio」として、型を yes / no で作成しておきます。Default value は「はい」としておきましょう。

f:id:yksmt:20200612135038p:plain

この Custom state が「はい」の場合は「接続」を意味し、「いいえ」の場合は「ミュート状態」とします。

ミュート状態の場合は、アイコンもあわせて変更されるように、Conditional を設定しておきます。

f:id:yksmt:20200612135657p:plain

f:id:yksmt:20200612140005p:plain

2-2-4. ワークフローの設定

さあ、画面の作成ができましたので、次にワークフローを設定していきましょう。

ページロード

まずは、忘れぬうちにログインしていないユーザーは、閉め出してしまいましょう。

f:id:yksmt:20200612131907p:plain

次に、ページがロードされたタイミングで、Current Page Type の Room が空でないかチェックしておきます。もし空の場合は、index に飛ばしておきましょう。

f:id:yksmt:20200612131659p:plain

では Agora と接続していきます。Step2 に Element Actions の Agora Connector で「Join Room a Agora Connector」を選択してアクションを追加します。Element で画面に配置した「AgoraConnector」エレメントを選択して、Room Name を「Current Page Room's unique id」とします。

f:id:yksmt:20200611124323p:plain

閉じるボタンクック

次に、閉じるボタンがクリックされた場合は、Agora を切断して、room ページに戻るように設定しておきます。

アクションで「Leave Room AgoraConnector」を選択し、Element で 「AgoraConnector」エレメントを指定します。

f:id:yksmt:20200612132544p:plain

あとは、Go to page で room を指定して遷移させておきましょう。

f:id:yksmt:20200612133011p:plain

相手が通話を切断した時

通話相手が Agora を切断した場合も、閉じるボタンをクリックした同様のフローを作成しておきます。

追加するイベントは、Elements から「A AgoraConnector Someone Left Room」を選択し、Element で「AgoraConnector」エレメントを指定します。アクションのフローは、閉じるボタンと同様、「Leave Room AgoraConnector」と「Go to page」を追加しておきます。

f:id:yksmt:20200612134318p:plain

マイクとカメラをミュート

ここまでで、meeting ページで Agora の接続と切断部分が作成できましたので、ここからは「マイク」と「カメラ」アイコンをクリックした場合にミュートの切り替えを行うように設定していきます。

イベントの種類は以下2種類で、「マイク」と「カメラ」があるので全部で4つ用意することになります。

  • ミュート状態から接続を再開するイベント
  • 接続状態からミュートに変更するイベント

まずは、マイクの「ミュート状態から接続を再開するイベント」を作成していきます。

マイクアイコンのグループ(ここでは Group Mic)がクリックされたイベントを追加します。When に「meeting's Audio is "no"」として、「Custom state の Audio がミュート状態の時」という条件を入力します。

f:id:yksmt:20200612141109p:plain

次にアクションの追加で、今度は Set state で meeting の Custom state である Audio を指定し「"yes"」に更新しておきます。

f:id:yksmt:20200612141556p:plain

そして、次に Resume Self Audio AgoraConnenctor のアクションを Step2 に設定して、マイクの接続を再開させます。

f:id:yksmt:20200612141639p:plain

今度は「接続状態からミュートに変更するイベント」を追加します。

クリックイベントの When を「meeting's Audio is "yes"」とし、アクションの Step1 では、Set state で今度は Audio を「"no"」に更新します。Step2 に Mute Self Audio AgoraConnector アクションを追加して、マイクをミュート状態にします。

f:id:yksmt:20200612144556p:plain

f:id:yksmt:20200612144838p:plain

f:id:yksmt:20200612144921p:plain

同じ要領で、カメラのミュートを制御するワークフローを追加しましょう。注意点は、クリックイベントで使用するエレメントは「Group Camera」を、Custom state は「Video」を使用して、アクションは「Resume Self Video AgoraConnector」や「Mute Self Video AgoraConnector」を使用します。

f:id:yksmt:20200612172444p:plain

f:id:yksmt:20200612172637p:plain

2-3. 遷移元(Room)にアイコン追加

では、meeting ページの遷移元である room ページにアイコンを追加しておきましょう。

room ページに電話マークのアイコンを配置していきます。 「Group Call」という名前の Group エレメントを配置し、その中に 電話マークの IonicIcon エレメントを配置します。アイコンはサイズを「20」にしてカラーを「#0091FF」にしておきます。

f:id:yksmt:20200609135914p:plain

では、「Group Call」をクリックされた場合のワークフローを設定していきましょう。

まずは、OneSingal で Call された際の Webプッシュアクションを作成します。

Plugins から「OneSignal - Send notification to individual」を選択し、User に通話相手として「Current Page Room's Member:minus item Current User:first item」と入力し、Connentsに「Call」、Titleを「Current User's nameが呼び出し中です」とします。

URL は「Website home URLmeeting/Current Page Room's unique id」として、Webプッシュの通知がクリックされた場合に、meeting ページへ遷移するようにしておきます。URL に「Current Page Room's unique id」と Room Type の unique id を含んでいるのは、meeting ページの Type of content で「Room」を指定している為です。

f:id:yksmt:20200612151416p:plain

OneSignal プラグインのバージョンの問題

なお、OneSignal - Push Notifications プラグインのバージョンですが、執筆時点では 1.1.0 が公開されていますが、上記アクションで URL を指定しても、OneSingal側で URL to launch の引き渡しが出来なかった為、本アプリでは1.0.0 を使用しています。

Webプッシュを送信したら、Step2 に Go to page で「meeting」ページに Data to send で「Current page Room」を指定して遷移させておきましょう。

f:id:yksmt:20200612153233p:plain

以上で、Bubble の設定が完了しました!

3. プレビューしてみよう

早速プレビューして動作確認してみましょう。

テストでは、スマートフォンからコールして、PC側で受信しています。なお、検証中は端末同士が近いこともあり、ハウリングする場合がありますので、音量にはご注意くださいね。

Webプッシュ でコールの通知を受け取ります。

f:id:yksmt:20200612154615p:plain

サンプルでは、コール側のスマホで、受信側のPCを撮影しています。カメラアイコンをクリックすると、PC側のカメラがミュート状態になり、終了アイコンをクリックすると、Room へ遷移されます。

f:id:yksmt:20200612173649g:plain

4. まとめ

いかがでしたか?今回は、Agora というサービスを使って Bubble で Facetime もどきを実装してみました!では、第8回となる次の最終回では、本アプリのネイティブ化を予定していますので、どうぞお楽しみに~!

iMessage clone コンテンツ一覧

iPhone のメッセンジャーもどきを Bubble で作ってみる(初級者向け)

1:新規アプリの作成及び、ユーザー登録、ログイン画面を作成する

2:メッセージを送信する相手を選択する画面を作成する

3:メッセージを表示する画面を作成する

4:プロフィール画面を作成する

5:初めてのユーザーにメッセージを送信する画面を作成する

6:OneSignal を使って Web Push を実装する(iOS を除く)

7:Agora を使って Facetime もどきを実装する

8:iOS / Android のアプリ化を行う